FC2ブログ







セピア系の色鉛筆 

油絵や水彩画を見るのは好きですが、自分で描くとなるとうまく描けません。色彩感覚が、乏しいのでしょう。
小学校の図工の時間で色を塗る「絵の時間」はイヤな時間でした。滲む、汚く混ざる、ボコボコに画用紙がゆがむ。筆、パレット、バケツを洗う、たまに机を拭くとか、あまり良い思い出がありません。

壁に並んでいる油絵や水彩画を見るたび、
「うらやましいなぁ。」と思います。

安い画材、すぐかけて、すぐ消せる。色を使わない。

そうなると、鉛筆画に行き着いてしまったわけですが、モノトーンでいかに内に潜んでいる色を引き出せるか?と良く分からない精神論のような気持ちで描いているつもりです。

手っ取り早いのは、額の色と、マットの色を絵の雰囲気に合わせるようにしてしまえばいいんですが。

鉛筆はシンプルな画材であるゆえに、鉛筆画(具象画)を描くということは、ごまかしが効かないシビアなものです。参考書を読みながら独学、我流で描き続けているのですが、どこぞの絵画教室的なところで、勉強してみたいと思うこともありますが、どうも苦手です。本気でやっていることではないからとか、趣味だからということで逃げているんでしょう。

画材屋に行く度に、棚に置いてある水彩絵の具のトラベルセットって言うんですかね?小さな固形状の絵の具が並んでいるパレットを見ると、つい手が出て眺めてしまいます。

チロル・チョコみたいだ。

楽しそう、でも俺には無理だなぁ。とあきらめています。

そんな中、店員さんが「こんなのあるけど、どうよ?」と出されたのがこれ。

rexel_1.jpg

セピア調の色鉛筆らしきパッケージのカンペン

ふーんと思いながら、フタを開けてみると、平たい軸のクレヨンのような鉛筆。

rexel_2.jpg

rexel_2_1.jpg


芯も平べったい断面です。
参考書で見たものは芯が鉛筆でしたが、これは色鉛筆かぁ。ということで、使い方がよくわからないけど買って置いたものです。

rexel_3.jpg

色は、

・ブラウン オーカー
・ベネチアン レッド
・テラコッタ
・チョコレート
・アイボリー ブラック
・チャイニーズ ホワイト

ふーん。人物画に使えそうだなぁ。

画用紙はクリーム系のものにして、
  ハイライトは白、
  表情の陰影は黄土色、
  髪は黒とか茶色、
  唇は赤か。

とか考えながら、試してみる。
どうも、一発勝負的な度胸と勢いが必要な感じだな。こういう色鉛筆系の絵は、、、とか思いつつ、、

描いてみたのが、これ。

rexel_4.jpg

え~っと、難しい。ですね。

とにかく、修行が足りません。

その後WEBでこのセピア鉛筆セットは手に入るのか?と探してみましたが、平たいタイプは取り扱っていないようで、丸軸タイプが出ていたので、購入。

rexel_5.jpg

残念ながらというか、持ちやすい丸軸のセット。

rexel_6.jpg

rexel_7.jpg

このようなカンペン・ケースに入っています。
フタがパチンとうまく収まることもなく、フカフカした状態でフタがはまっています。

rexel_8.jpg

白、黒、こげ茶、赤茶、茶、黄土色です。

rexel_9.jpg

シャープナーつきです。刃はドイツ製のようで、
(レダーかなぁ、ゾーリンゲンかなぁ、と意味なく妄想)

rexel_10.jpg

平たいセットと色が若干違います。

rexel_11.jpg

メーカサイトからダウンロードしたカラーチャート。

・四角で囲んでいるのが、平たい軸のセット、
・赤丸で印をつけたのが、丸軸のセットです。

まぁ、単品でも取り寄せることが出来そうなので、別に構いませんが、色数が多いと選べなくなります。CMでやっていた、なんかの法則です。

セピア調もいいけど、プルー系で攻めてみると言うのも面白そうです。

スポンサーサイト
[ 2009/11/22 09:32 ] 鉛筆画 | TB(0) | CM(0)

黒さの追求 その2 

くしゃみが出るようになってきました。
どうも、カインのしるしです。

前回のエントリにて、鉛筆でどこまで黒くできるのかと模索していた話です。

参考書か、WEBだったか忘れてしまいましたが、鉛筆画において黒を表現するのは早い話、6Bとか濃い鉛筆を使えばある程度は黒くすることが出来ます。

しかしながら、それだけでは鉛筆独自の 「テカり」 が光に反射して見えてギラついた印象を受けてしまいます。
擦筆(さっぴつ)を使って画用紙に擦り込んでもテカりが出てしまいます。

さて、この問題をどうするか?





とりあえず、




こちらの絵を見てみましょうか。


ティル・ブレナー_1

ティル・ブレナー さんです。
銀縁と黒いマットの相性はいい感じです。
かっくいいですね。

廃刊、復刊する前のJazz Lifeより、模写。
毎度、似てる似てないは置いといて、
絵をトリミングしているマットの黒と比べてみればおわかりのように黒が落ち着いています。

ティル・ブレナー_1_1_1

画面右下の部分

この黒さをどうやって鉛筆で出すか?
答えは


(6Bとかの)濃い鉛筆で描いて、擦筆で擦りつぶし、
 2Hでさらに画用紙に擦り込むようにする。

                です。


光の反射によってギラついて見えるのはしかたがありませんが、こうすることで、深い黒が描けるわけです。

ということで、思いついたことをちらほらと説明していきます。



ティル・ブレナー_1_2

落ち着いた雰囲気にしたかったので、背景はまっさらな白ではなく、「文房具」のカテゴリで紹介した芯研器の削り粉を軽くふりかけて、擦筆で全体を暗くしました。

画用紙の白地の部分は瞳のそばの白目部分くらいです。
トランペットの先端の開いた面は金属表現が難しかったので、黒く塗りつぶしちゃいました。




ティル・ブレナー_2

背景を暗くすることで、耳と背景の境界を浮き立たせます。




ティル・ブレナー_3

右手の小指をかける部分(何て言うの?)がリングではなく、半円なので、うまく描けていません。
顔と手の大きさのバランスがどうもモヤモヤしてますが、

いかがでしょうか?
ダーマートグラフを使わずとも、
コンテを使用することなく、

黒を表現する。

[ 2009/11/18 23:06 ] 鉛筆画 | TB(0) | CM(0)

黒さの追求 その1 

ダルいですねぇ。カインのしるしです。

描きかけの絵ばかりUPしていましたが、ようやく引越し荷物の山から見つけ出しました。
額縁のガラスは反射してうまく撮れないので外しています。


panerai_1.jpg

イタリアの(かっくいい)時計メーカー、オフィチーネパネライの

  最高経営責任者(CEO) アンジェロ・ボナーティさん です。

ずっと前に出版されたガイドブックより模写。





毎度、似てる、似てないは別として、、、
ちょいと、部分的に見てみましょうかね。
まずは少し寄ってみましょう。


panerai_2.jpg

いかに つるつる頭 ダンディーな部分を引き出すかが肝であるわけですが、おでこのシワやら、眼光の鋭さを追い求め、あーでもない、こーでもないと描いていきました。







panerai_3.jpg

お年を召した下まぶたのふくらみや、おひげの部分、逆光で細く光る下まつげとか、まぁ、相変わらず瞳を描くのはむずいですねぇ。








panerai_4.jpg

シャツのカフスの質感は画用紙の凸凹を生かして、いい感じに仕上がったかなぁと思いますが、大事な時計の金属部分やガラスの質感はまだまだ修行が足りません。

額飾してもらったときは、なかなかいい感じと思いましたが、黒みが足らなくてもっと黒くするにはどうすんでしょうかね、、、?と参考書を調べたらありましたよ。

「さすが、プロは違うなぁ」と思い知るわけで、次はその手法を用いた絵をエントリしたいと思います。
とりあえず、「黒さの追求 その2」へ続く、、、

[ 2009/11/17 02:11 ] 鉛筆画 | TB(0) | CM(0)

カビが心配。 

いつも蒸し暑い日々が続いてますね。
実家に戻ってきてからボドゲーばかり買い込んで、ほったらかしにしていた絵は大丈夫だろうか?と恐る恐る箱を開けて中身を出してみた。


隣の綺麗なお姉さん的な

ずいぶん前に茶色の色鉛筆で描いたものです。
上のほうがちょこっとシワが寄ってますが、裏のテープを貼りなおせば大丈夫でしょう。

一人暮らしをしていたときは壁にかけてよく眺めていたものです。

夏場はマットを緑色(写真のように)にして、
冬場はマットをオレンジ色にかえてみたりして、雰囲気が変わるのを楽しんでました。

なんだかんだで、描くことがおっくうというか、怖くなってなかなか実家では描く気分になれません。
置きっぱなしにしておける場所がないので毎日ちょこちょこと描くことができないのも言い訳のひとつでしょうかね。


画材店に入り浸っていた頃の思い出話ですが、
店に入ると、額装し終わって立てかけていたものを見ると、なんと、賞状を額装していたんです。
小学生のお嬢ちゃんが図工の時間に描いたものがどこかで入選したんでしょうかね。

 綺麗なピンク色のマットに囲まれた表彰状。

「あぁ、こんな粋なことをする親がいるんだ、、、すげぇ。」
と、ちょいとジェラシーを感じてしまったことを思い出します。

「いいですね。これ。」と私。
「でしょ。」と店員さん。

味気ない「賞状額」に飾るよりも全然クールなセンス。
その子も喜ぶだろうなぁ。なんて思ったりして。


[ 2009/08/05 00:57 ] 鉛筆画 | TB(0) | CM(0)

「Keep on Drawing」とは言いつつも、、、 

6月突入かぁ、ジメジメしてますねぇ。
ひどい頭痛持ちだった私は最近WEBでとある「頭痛解消法」を試していまして、
「目覚めれば、毎朝ひどい頭痛」がなくなりつつあります。

  「頭痛がないとこんなにも違うのか。」

と驚愕しています。助かります、えぇ。

いまだ片付かない部屋の整理をしながら、また描きかけの絵がでてきたので、「あぁ、仕上げないとなぁ。」と思いつつも、やる気なしです。
精神的に家で描くことができそうにありません。

  「テレビうるさいよ。ホント。」

独り暮らしに戻りたい。あぁ、戻りたい。
とりあえず、毎度描きかけですが、UPしとしますか。

キャンディー・ダルファー

ご存知、「ファンキーねぇちゃん」こと、キャンディー・ダルファーですよ。
金髪さんは、ハイライトと、影が細くて細かくって「自分との我慢比べ」ですな。


で次。

エイミー・グラント_1

やさしい歌声、エイミー・グラントさん。
CDショップでついつい、エイミー、エイミー、、、と頭文字Eの棚を探してしまうので注意が必要です。
Amy Grant なので頭文字は A ですぞ。

後ろからライトを当てている写真の模写ですので、髪から腕にかけてぼやけているんですねぇ。
フレットあたりがまだ、大雑把になってます。弦を描くのはそのあとで、と。



かっくいいなぁ。で、ついでに拡大。

ギターのアップ

紙はやや凸凹の大きいものを使用しています。
擦筆(さっぴつ)と練り消しゴムの出番が多いね。活躍してます。


はい、次。


ヘプバーン

ヘプ・バーンです。メモリアル写真集とかなんとかいうものから模写。
もうね、ストライプのシャツとか、手前のお花とかどうしようかなぁ、、、  ね。

鉛筆画(終わりなき我慢比べ) ということで、また。
[ 2009/06/05 23:37 ] 鉛筆画 | TB(0) | CM(0)